【おまけ付】 Old Fault / Endeavors Noise Blood-エフェクター

【おまけ付】 Old Fault / Endeavors Noise Blood-エフェクター


Old Blood Noise Endeavors Fault

Old Blood Noise Endeavors / Faultは、一度使うとやめられなくなるオーバードライブ/ディストーションです。このペダルに触れるまで、それが必要なものであると気づかなかったのです。アンプのエッジをプッシュしたりクリーンシグナルにセンシティブなドライブを加えたり、リズムやリード、ノイズに強いディストーションを付加することができます。
内部には2つのゲインステージがあり、インプットされたシグナルはGain1のゲインステージを通ります。ここでは軽い歪みからスパーキーなトーンを作ります。
Low、Mid、HighアクティブEQコントロールはそれぞれ100Hzシェルフ、500Hzベル、3kHzシェルフEQです。

Gain2はフットスイッチでON/OFFすることができます。OFF時には何も影響しません。GAIN2ノブを最小にしても同様です。Gain2をONにし、GAIN2ノブを上げるとオーバードライブペダルがヘヴィなディストーションへと変貌します。

●コントロール
・VOLUME:全体の音量を調整します。
・GAIN1:最初のゲインステージの歪みを調整します。
・LOW:100Hz以下の周波数帯をブースト/カットします。
・MID:500Hz辺りの周波数帯をブースト/カットします。
・HIGH:3kHz以上の周波数帯をブースト/カットします。
・GAIN2:Gain2フットスイッチがONの時に2段めのゲインステージの歪みを調整します。

GAIN1とGAIN2の設定を組み合わせることで、様々な歪みを作ることができます。

Faultはスタンダードなセンターマイナス9VDCアダプターで動作します。消費電流は31mAです。電池はお使いになれません。
Faultはトゥルーバイパスです。

FaultのアートワークはニューヨークのEvan M Cohenによるものです。

種類:オーバードライブ/ディストーション
アダプター:9Vセンターマイナス
電池駆動:-
コントロール:VOLUME、GAIN1、GAIN2、LOW、MID、HIGH

※こちらの商品はメーカーからのお取り寄せとなります。お取り寄せにお時間をいただく場合がございますので、あらかじめご了承くださいませ。

[室内花撮影のコツ] ピントは花の花芯に合わせよう

素敵にできたフラワーアレンジメントの作品。写真に撮って残したいけれど、あれれ? 素敵に見えない?? そんなときはまずピント合わせに注目! どこに? どうやって?をご紹介します。

↑このページのトップヘ